屋根 リフォーム は雨漏り修理だけではありません。耐震補強もできます。

新着情報

【雪止め取付】3つの良い所・悪い所

2013年3月10日


千葉で【雪止め取付】は、業者さん任せではなく「取付方法」も確認しましょう!

こんにちは。
千葉県習志野市で35年『元瓦職人で二級
建築士』てつ です。
しばらく振りです。雪でパニック!「雪止め取付」
のお問い合わせはまだ続いています!

本日お伝えする
【雪止め取付】3つの良い所はこちら↓
1.屋根から落ちる雪が大幅に減る
2.「人」「物」を雪の被害から守れる
3.夜も安心して寝ることができる

【雪止め取付】3つの悪い所はこちら↓
1.屋根の重量が増える
2.結露が発生して木材が痛む
3.雪解けの水が屋根材の隙間から中に入る

雪止めを取り付ける3つのメリット

1.屋根から落ちる雪が大幅に減る
図の通りに「雪止め取付より上」の雪はほとんど
落ちない。付いてないと全部落ちる可能性が有。

2.「人」「物」を雪の被害から守れる
今年も「上から落ちてきた雪で被害」がニュース
になってます。あの「スカイツリー」も…
雪止めを取り付けると落ちる雪が減り被害も小。

3.夜も安心して寝ることができる
雪止めの取付けで「ズ、ズ、ズ〜ドスン!」と雪
が滑り落ちる音が減るので、夜も安心。

雪止めを取り付ける3つのデメリット

1.屋根の重量が増える
積雪量によって【構造計算】が変わる程、雪の重
量は建物に負担がかかります。

2.結露が発生して木材が痛む
屋根に雪があると「屋根の温度は低い」、室内で
暖房などつけると「室温は高い」。
この温度差で【結露】が発生しやすくなり【雨が
降ってないのに板が濡れる】事で痛みます。

3.雪解けの水が屋根材の隙間から中に入る
雪止め取り付けをして屋根に雪が残っていると、
【雪解けの水】が屋根材の隙間から入ります。

最後に

【雪止め取付】をご検討の際は「良い点」だけで
なく「悪い点」も業者さんに確認しましょう!

\シェアをして頂けますと嬉しいです/
この記事を書いた人

笹木 哲央(ささき てつお)

●千葉県習志野市出身の35才●元瓦職人で二級建築士の職人歴17年目●雨漏り調査が一番得意。耐震工事なども経験豊富
利益が0円でも消費者の🉐を伝える

紹介とリピーター割合98%千葉屋根耐震相談室

カテゴリー:【災害】雪止め

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

関連記事

『やね屋さん日記』過去の記事一覧

メールでのお問い合わせ

千葉屋根耐震相談室0120-785-876

このページのTOPへ