屋根 リフォーム は雨漏り修理だけではありません。耐震補強もできます。

新着情報

【屋根雪止め】を取り付けても雪が落ちる3つの原因

2013年2月8日


【屋根雪止め】で後悔をしない為には本物の屋根職人を選ぶことが一番大切!!

注意!雪止めが付いていても雪は落ちる!

雪が降った後、屋根から雪のかたまりが落ちてきて
怖い思いをしたことはありませんか?

そこで本日は【屋根に雪止めを取り付けても雪が
落ちる3つの原因】
をお伝えします。
これを知ると、工事店選びで失敗しない職人を見
分ける事が出来る。その3つは次の通りです。

  • 屋根の軒先から棟までが長い
  • 屋根雪止めが耐えられる重量を超える
  • 雪止取り付け位置から軒先の部分

1.屋根の軒先から棟まで長い


屋根の長さ(のきさき~むね)によって支える雪
の量が違います。

「右の青矢印」より「左の赤矢印」屋根が長い。
長い屋根の方が積雪量が多い。

ですから、雪止めの本数が同じなら「左の赤矢
印」屋根の雪止め1個に対する負担が大きい。

以上の事から、「赤矢印の屋根」の方が雪が落
ちる可能性が高いです。

ワンポイント

『屋根面積によって取り付ける本数が違う!』
他にも、雪質や瓦の材質による摩擦係数など
プロでも知らない人が多い!
本物のプロ・瓦屋根や板金職人に相談してね!

2.屋根雪止めが耐えられる重量を超える


↑瓦屋根の雪止め↑

雪止めの設置をしていても安心は出来ません!
雪止めにも耐えられる重量の限界があります。

一般的には「瓦と一体の雪止め」の方が「雪止め金
物」よりもたくさんの雪を支える事ができる。
しかし、限界を超えると瓦と雪止めの接合部分が『
ポキッ』と折れてしまいます。

メーカーや商品、屋根の傾斜角度によっても雪止め
1本当たりの耐えられる重量が違うんですよ!

3.雪止取り付け位置から軒先の部分


↑雪止めの取付場所より上は雪が落ちなくても下は落ちる!

上の矢印は雪止めが付いてない長さを表している。
(壁から雨樋がついている屋根の先まで)
左の赤矢印の方は、長いので雪が沢山おちる

右は、短いけど雪止めから下は落ちる。
北側屋根の上で雪が凍る場合、短くても危険!

最後にまとめです

  • 「雪止めをたくさん付ければ解決」
  • 「屋根の一番下に雪止めを設置して」

と見積り依頼する業者に言いたくなりませんか!?

そうすると業者の思うツボです。
業者は喜んで雪止めの本数を多くして売上金額が
高くなる見積書を作ってきます。

雪止めを「たくさんつける」「一番下に設置」は悪い
点があります。気を付けて!

屋根雪止めの取付位置はまたあらためて…
ってこの前も言った様な…
以上、屋根雪止めを取り付けても雪が落ちる3つ
の原因でした。

\シェアをして頂けますと嬉しいです/
この記事を書いた人

笹木 哲央(ささき てつお)

●千葉県習志野市出身の35才●元瓦職人で二級建築士の職人歴17年目●雨漏り調査が一番得意。耐震工事なども経験豊富
利益が0円でも消費者の🉐を伝える

紹介とリピーター割合98%千葉屋根耐震相談室

カテゴリー:【災害】雪止め

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

関連記事

『やね屋さん日記』過去の記事一覧

メールでのお問い合わせ

千葉屋根耐震相談室0120-785-876

このページのTOPへ